making of salla

* トルコの伝統レース「オヤ」との日々 *
【重要】9/4・NHK文化センター神戸教室休講【台風接近】

台風21号の接近に伴いまして、明日9月4日(火)に開催予定のNHK文化センター神戸教室でのレッスンはお休みとさせていただくこととなりました(この日、神戸教室そのものがお休みとなります)。

振替レッスンとしまして 9月11日(火)に通常通りの時間に実施させて頂きます。

生徒様各位におかれましては身の安全を最優先に、何卒よろしくお願いします。

 

| ワークショップ | 13:18 | - | - |
9月以降の予定について。

しばらくブログもTwitterも更新せずでした。

実はちょっと前に不注意で足を怪我してしまいまして治療していました。既にもう治ってきてはいますし通常通り動けるようになってるのですが、夏場ということで感染症や化膿など考慮して遠方のお教室などレッスンを急遽お休みにさせて頂いたところもございました。

生徒様および教室運営のスタッフの皆様には大変ご心配・ご迷惑をおかけしました。

 

何にせよ、来月の旅行の直前でなくて良かった…!と胸をなでおろしています。(あと、手や指でなくて良かった…とも)

色々と準備は滞ってしまいましたが、最近とみに気もそぞろでミスが多くなって自分が自分で心配になってきたところでもありますし、これはもうゆっくりしろという神様の思し召しだと思い、しばらく夏休みとして療養していた次第です。

 

でもそれもおしまい、そろそろ通常営業!という訳で、ひとまず9月の予定としては

・9月1日(土)…第2回草木染WS(トルコ文化協会)

・9月4日(火)…NHK文化センター神戸教室・定期講座

・9月5日(水)…イオンカルチャークラブ日根野店・定期講座

・9月6日(木)…NHK文化センター梅田教室・定期講座

・9月14日(金)…トルコ文化協会・定期講座

・9月14日(金)…NHK文化センター京都教室・短期講座

・9月15日(土)…イオンカルチャークラブ北千里店・定期講座

 

となっております。旅行との日程の関係上、通常と開催日が異なっておりますため生徒さま各位にはご注意をお願いします。

 

尚、9月8日(土)に仮で予定しておりましたランチ付きWS「美味しいイーネオヤ」(トルコ文化協会)に関しましては準備の関係上11月以降に延期となりました。こちらは生徒さんのご希望に応じて、いずれボンジュクオヤ(ビーズとかぎ針で作るオヤ)に関しても実験的に開催してみたいとも思っています。よろしくお願いします。

 

そして10月からの定期講座に向けて各NHK文化センター様にて新規の募集も始まっています!

梅田教室神戸教室に加えて京都教室様でも新たに定期講座が始まりますので、是非ともよろしくお願いします。

 

また11月からは、トルコ文化協会様にて第1土曜日の午後にイーネダンテル講座を再開しようと考えております。近日中に詳細が発表されますのでご興味のある方はチェックをお願いします。

 

ではでは取り急ぎ…。お休み中はお部屋の整理整頓と大掃除に没頭していた人でございました。

 

| カテゴリ未分類 | 23:22 | - | - |
【7/14】第1回草木染ワークショップレポート【トルコ文化協会】
20180714-1.jpg

先月7/14に心斎橋のトルコ文化協会さまにて開催された草木染ワークショップについてレポートなど。こちらは準備の様子です。

朝に自宅庭から収穫した蓼藍の葉をボウルへ山盛りに…(実はまだまだ保冷バッグに入ってたので、生徒さんにはWS後にお持ち帰り頂きました)。

シルクのミシンステッチ糸30番・50メートル分を3束、もう少し細い50番を100メートル分2束。これがキットとして付きます。その他さらに細い80番などもご用意していまして、ご希望に応じてトレードしたり、追加購入もOKに。

さらに事前にお申込みいただいた方には、シルクシフォンストールをご用意してこの場で染めることも出来ます(1枚1500円)。

 

20180714-2.jpg

蓼藍の葉を茎から取って、ブレンダーへかけて…そして出来た染液を濾していきます。この時の見た目は綺麗な抹茶色。

20180714-3.jpg

ストールを染めているところ。こちらは生徒さんご持参の綿+絹のもの。綿はそのままでは染まりにくいため、ちょっとだけ薬品を使っています。

染液に浸しているときはこのように緑色なのですが、そこから乾かしていくと下のように…

20180714-4.jpg

このように空気に触れることで(酸化することで)美しい空色に…。

こちらはグラデーションに染めたシルクシフォンストールを、椅子の背にかけて乾かしているところ。エアコンをかけているとはいえ真夏、そして薄物ですのであっという間に乾きます。(念のため、ドライヤーもございます)

20180714-5.jpg

こちらはシルク糸を染めたものを乾燥しているところ。イーネオヤ用ですので少量ずつ色んな色を試せるのが良いですね。

染液の濃さ、染液に浸す時間、タイミング、その日の気温や湿度、そして糸の状態などなどによって全て異なる色合いに染まります。そして、染め上がった全ての色が美しく感じるのが草木染の楽しさだなと、毎回思う瞬間です。

染めている間に「もっと長めに浸してみましょうか?」とか「自然にグラデーションにするには?」など生徒さんと相談しながら、そして何より、その時その時に出現した色彩と相談しながら染め上げて行きます。

蓼藍の葉と対話する、と言うと少し大げさでしょうか。二度と同じ色に染まらないという一期一会の出会いを大事にするという点で、何かとても大切な機会に立ち会っているような気持になる、そんなワークショップとなりました。

 

さて、まだまだ我が家の庭には蓼藍が生い茂っておりますので、来月にもこの美しい青色を出すワークショップを開催したいと思っています。

【9月1日】草木染ワークショップ『柘榴の皮と藍の生葉染め』【トルコ文化協会】

次回は蓼藍だけではなくザクロの皮も使って、さらに新たな色彩を加えていけたら…と。

イーネオヤ用のシルク糸を染めるワークショップという名目ではありますが、特にイーネオヤをされない方でもご参加には問題ありません。染めの体験をしてみたい方、藍の生葉で染められるのは真夏だけの季節限定の楽しさですので是非ともご参加ください!

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

 

| ワークショップ | 18:06 | - | - |
トルコのイーネオヤ本
2018-07-24 008.JPG

生徒さんからのリクエストで取り寄せていた、トルコのイーネオヤの本が届きました。

ナウルハン地方のモチーフを使ったアクセサリー30種が詳細な解説入りで掲載されています。

2018-07-24 009.JPG

トルコのオヤの本には珍しく(最近増えましたが)編み図が付いていますので、トルコ語が読めない方でもイーネオヤの基礎をご存知ならある程度理解できるかなと思います。

2018-07-24 010.JPG

基礎テクニックについても手元の鮮明な写真が掲載されています。

進行方向は左から右へとなっていますので、こちらは適宜読みかえる必要があるかも知れません。とはいえ、これも基礎をご存知なら問題なく読めます。

 

こちら、少し余っておりますのでご希望の方がいらっしゃいましたらお分けすることが出来ます。

送料込み2800円、トルコ語日本語対応表の小冊子(全8ページ)付きですと2900円となります。追跡有をご希望の場合、これにプラスして300円となります。

※在庫なくなりました。もしご希望の方がいらっしゃいましたら2週間ほどお待ちいただけましたらお手元にお届します。

お問い合わせはsalla0317osakajapan@gmail.comまで。

,名前 ∩付先ご住所 お電話番号をお書き添えの上お申込みください。

 

ちなみに、小冊子というのはこちら。

2018-07-24 011.JPG

お友達Mevsimさんの可愛らしいイラスト付き。A5版・全8ページ。ちょっと文字が細かいです…

2018-07-24 012.JPG

中身はこのように、トルコ語のオヤの本によく出てくる単語を日本語のカナ読み+意味とともに詳細に記述しています。

また、かぎ針編(トゥーオヤ)用語も網羅。こちらは英訳もついています。
この小冊子はもともと、トルコの女性とお話がしたいがために自分用に作ったのが始まり。なので「簡単」とか「難しい」など会話で使いそうな形容詞表現なども掲載されています(笑)。
手前みそですが、かなり良く出来てるのでは…と。トルコのサイトを見たり、オヤ旅行をお考えの方にもおすすめです。
以上、ご希望の方がいらっしゃいましたらsalla0317osakajapan@gmail.comまでよろしくお願いします。
(※教室の生徒さんは、お取り置きいたしますので仰ってくださいね)
| イーネオヤ | 15:50 | - | - |
お仕事道具その1・カメラ

2018年夏のイーネオヤ教室情報はこちら。DivHw0uUEAA0kcX.jpg

ここのところ後ろ倒しにしていた写真撮影のお仕事を少しだけ片付けて、ちょっとホッとしています。

 

こちらは愛機…というほど熟知出来てる自信はないですが、トルコ滞在時から今までずっと一緒に頑張ってくれてるOLYMPUSのPEN Lite E-PL7。 ミラーレスのデジタル一眼レフです。

それまで何を撮ってもパッとしなかった私の写真がこれのおかげで見ちがえるようになって、テクノロジーに感謝としか言いようがありません。

 

このお仕事を始めてから写真を褒められることがあって、とても嬉しいです。実は専門的に勉強したことは一度もなく、それでも何とか見ることが出来るのは本当にこのカメラのおかげです。

トルコ渡航前に、やっぱり良いカメラが必要…ということで今は亡き家族からプレゼントしてもらったもの。大切な宝物のひとつです。説明書から何からをスーツケースに詰め込んで…いえ、スーツケースだと破損が怖いので機内持ち込みの鞄の中に同じく精密機械のPCやHDDとともに詰め込んで…関空発のターキッシュエアラインに乗りました(当時は関空からの直行便がまだありました)。

 

最初はズームの方法すら知らず(笑)、トルコの博物館はわりと写真が自由に撮れることが多いのに勿体ないことをしました。

それでも「もっとズームアップしたい」「もっと白さを出したい」「もっと小さいものを撮るには?」とやりたいことが出てくる度に説明書を開き、ネットで調べ…滞在時に勉強しながら少しずつ技術も向上して…。

 

特にオヤのような小さく繊細なものを綺麗に撮るにはマクロレンズが必要なのですが、写真初心者には何が良いのか分からず(レンズの種類は山のようにあるのですが、門外漢にはチンプンカンプンなのです)また、お値段的に大変高く困った記憶があります。

しかし、やっぱり必要になってきたのでせめて…と多少安価なマクロコンバーターレンズをトルコから日本のAmazonで大阪の実家宛てに注文し、それを家族にトルコまで送ってもらったこともあります。安価ということで、税関でこっそり抜き取られる可能性も含めて激しく落ち込まずにすむかなぁという保険もかねてのことでもありました(嫌な話ですが全くない訳ではありません。税関でいったん荷物は開けられますので、一目見て高価なものを送る際にはそれなりの覚悟が必要になります)。

 

大切にしてるものなのですが、一度だけ落としたことがあります。

オデミシュに調査に連れて行って頂いた時のこと、私一人だけ現地に残ることになったんです。その2日後に女性組合で蚕の繭からの糸引きや草木染をするということで、どうしても見たくて居残りをしました。

ぽっかり空いた間の日に、オデミシュの博物館(ユルドゥズ・ケントではない方)に徒歩でてくてくと赴いてたのですが、その際うっかりと道に落としてしまい…忘れもしない、LC Waikiki(トルコのユニクロ的なファストファッションの店)の前でのこと。

あの時の血の気が引く感じは今でも思い出せます(笑)。幸い、ちょっと傷ついただけで使用には全く問題ありませんでしたが、在留邦人の友人がちょうどそのころカメラを破損したり紛失したりが続いてて、異国の地で代替え機を用意する大変さを見てたので色んなことが頭を駆け巡った思い出です(多分、イスタンブールなど大都会なら代替え機や修理は簡単なのだとは思います)。

 

ちなみに、女性組合での草木染に参加していた時にちょうど地元テレビの取材スタッフさんたちが来ていて、カメラマンさんがとても興味深そうにこのカメラを見てらしたので(笑)お貸しして見せたのも良い思い出です。しげしげとカメラをいじる撮影クルーの方に心の中で「でもごめんなさい…それ、ミラーレスなので…そこまで本格的なやつじゃないんです…」と思いながら…。

 

もう少しこのカメラを自由に使いこなせたら…と思うのですが、なかなか教室に通えていないのが今のジレンマ。

私はパソコンに関して言うと、スクールに通ったり企業で研修を受けたり、また、資格試験も幾つか受けたりとそれなりに真面目に勉強したことがあります(あるんです…これでも…)。かなり昔の話ですが、あの時に身に着けた基礎知識は今になっても通用してますし、勉強した経験があるということ自体が自信にも繋がってると思います。

やはりちゃんと基礎を習ったらその後の効率が全く違いますし、心構えも…そう、今日のように重い腰を上げてやっとする(笑)…ということが減るんじゃないかなぁとつくづく思うので…教室に通ってみたいなぁと。今年の残りの目標はこのあたりかな?と思ってるところです。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

 

| トルコ滞在 | 23:13 | - | - |
【9月1日】草木染ワークショップ『柘榴の皮と藍の生葉染め』【トルコ文化協会】

2018年夏のイーネオヤ教室情報はこちら。

草木染WS20180901.jpg

------------------------------------

トルコ伝統「イーネオヤ」特別講座・シルク糸草木染ワークショップ

『柘榴の皮と藍の生葉染め』


日 時:2018年9月1日(土)
    ※ お申込期限:8月29日(水)
時 間:14:00〜17:00(3時間)

参加費:4,500円(チャイ付。教材費・光熱費等施設利用費込)
    ※当日支払い制

持ち物:エプロン、不要なタオル2〜3枚。

服 装:汚れても構わない服(濃い目の色の服がおすすめです)

内 容:

このWSでは講師自ら育てた蓼藍の生葉と、トルコ滞在中に入手・自ら乾燥させて持ち帰った柘榴の皮とで、草木染をします。

柘榴の皮はいったいどんな色をするのか?そして媒染によって色合いはどのように変わるのか?

今年最後の藍の生葉染めとともに、様々な色合いをシルク糸に移していく講座です。

※生葉がご用意出来ない場合、その他の染色材料となることがあります。予めご了承くださいませ。

※染めたい糸や布がお手元にあれば事前にご相談くださいませ。

※無地のシルクシフォンストールを染めてみたい方は1週間前までにお申し出ください。ご用意しておきます(1枚1500円。55×180センチ、端処理済み)

 

場 所:トルコ文化協会(天満橋から東心斎橋に移転)
    〒542-0083
    大阪市中央区東心斎橋1-13-33
    ハッピービル2階トルコ料理店RAKI 楽 内
     Tel: 06-6210-2503
   (最寄り駅:地下鉄「心斎橋駅」もしくは「長堀橋駅」徒歩5分)

詳細な行き方はこちらより

☆------------------------------------------☆
お問合せは、8月29日(水)までに お電話(06-6210-2503)、もしくはメール(mskt1215@lapis.plala.or.jp)で協会まで直接ご連絡の上、お伝えする口座まで参加費をお振込みください。

ご連絡の際、,幹望講座名 △名前 メールアドレス  当日ご連絡可能なお電話番号 をお伝えくださるとスムーズです。

☆------------------------------------------☆

★参加者様特典★

レッスン参加者様でご希望の方に、協会所属レストランにてトルコ料理ランチセットを通常850円のところ650円でご提供します!レッスン前のランチタイムに是非ご利用くださいませ。

 

| ワークショップ | 12:02 | - | - |
お見舞い申し上げます

この度の西日本を中心とする豪雨による災害に遭われた方に、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興と、日常を取り戻されることをお祈りしております。

 

当方の住む大阪府南部は雨による大きな影響はありませんでしたが、それでも真夜中にずっと避難勧告の警報が鳴り続いた時は大変な不安に襲われました。(住んでいる地域ではなくもう少し山手の地域への警報ではあったので、避難はせずに済んだのですが…)

先日の地震の際に改めて非常用持ち出し袋を作ったのですが、なかなかに重量があるなというのが実感です。これに加えて、親や病気がちな猫を連れて豪雨・もしくは地震で道が崩れている中避難できるのだろうか?と思うとかなり難しいと思わざるを得ませんでした。かといって逃げ遅れるのも恐ろしいとも。

 

備えあれば憂いなし、とは言いますが自己責任の言葉で片付けられるほど天災は甘くなく。

そして天災に限らず、人生で起こることの殆どは偶然の産物であり、今私はたまたま生かされているだけなのだと、改めて思う今日この頃です。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

| - | 16:58 | - | - |
【8/5(日)】第2回・トルコ料理ランチ付きワークショップ【トルコ文化協会】

2018年夏のイーネオヤ教室情報はこちら。

先日開催してご好評いただきました、トルコ料理ランチ付きのイーネオヤワークショップ、第2弾が決定しました。

次回テーマは「唐辛子(ビベル)」。

トルコで「ビベル Biber」 と呼ばれる野菜は、赤い唐辛子に対して呼ぶこともあれば、万願寺唐辛子のような緑のものを呼ぶこともあり、さらにピーマンやパプリカのようなものに対しても呼ぶこともあって、実に多種多様でお料理もまた豊富にあります。(ちなみにカラ・ビベル(黒いビベル)は胡椒を指したりも…)

 

そんなトルコでポピュラーなこの「ビベル」をテーマに、ランチセットにはビベルドルマスと呼ばれるピーマンの詰め物を。

ワークショップではイズニック地方に伝わる「開いた唐辛子」モチーフで、平面の基礎をみっちりとご案内。増やし目やループのコツ、特に幅が広い菱形を作る際に注意する点や、傾きを補正するための結び方や糸の向きなどを細部に至るまでフォローします。

また、現地で使われている人工シルクの扱い方についてもレクチャーする予定です。

 

美味しいお料理を食べながら、トルコ文化についてご一緒に体感できたら…と思っています!

------------------------------------

トルコ料理ランチ付きワークショップ

『美味しいイーネオヤ』

   第2回テーマ「唐辛子 Biber」

日 時:2018年8月5日(日)
    ※ お申込期限:8月2日(木)
時 間:11:00〜15:00
参加費:4,600円(ランチセット・チャイ付。教材費込)
    ※当日支払い制
    ※現在協会の定期講座ご参加の方は¥4,000となります(8月に新規ご入会・再入会の方も含みます)
対 象:イーネオヤ経験者様
    (基本の結び方をご存知の方※習い始めの方でもOKです)
    ※全くの初めての方・ご不安のある方はご相談ください。10:30〜11:00に別途補講いたします。
持ち物:針、糸切りハサミ、筆記用具、老眼鏡(必要に応じて)

 

場 所:トルコ文化協会
    〒542-0083
    大阪市中央区東心斎橋1-13-33
    ハッピービル2階トルコ料理店RAKI〜楽〜内
     Tel: 06-6210-2503
   (最寄り駅:地下鉄「心斎橋駅」もしくは「長堀橋駅」徒歩5分)

詳細な行き方はこちらより


☆------------------------------------------☆
お問合せは、8月2日(木)までに お電話(06-6210-2503)、もしくはメール(mskt1215@lapis.plala.or.jp)で協会まで直接ご連絡くださいませ。

ご連絡の際、,幹望講座名 △名前 メールアドレス  当日ご連絡可能なお電話番号 をお伝えくださるとスムーズです。

☆------------------------------------------☆

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

 

| ワークショップ | 13:37 | - | - |
【7月14日】草木染ワークショップ『藍の生葉染め』【トルコ文化協会】

2018年夏のイーネオヤ教室情報はこちら。

※いったんこの記事を一番上に上げておきますね。

 

庭に種を蒔いた蓼藍が夏の日差しを浴びて青々と育ってきています。

かねてより企画しておりました草木染のワークショップを開催しようと思います。

 

(7/1追記。※無地のシルクシフォンストールを染めてみたい方は1週間前までにお申し出くださればご用意しておきます(1枚1500円。55×180センチ、端処理済み)

------------------------------------

トルコ伝統「イーネオヤ」特別講座・シルク糸草木染ワークショップ

『藍の生葉染め』


日 時:2018年7月14日(土)
    ※ お申込期限:7月11日(水)
時 間:14:00〜17:00(3時間)

参加費:4,500円(チャイ付。教材費・光熱費等施設利用費込)
    ※事前振込制
    (当日お支払いご希望の方はご相談ください)

持ち物:エプロン、不要なタオル2〜3枚。

服 装:汚れても構わない服(濃い目の色の服がおすすめです)

内 容:

草木染で「青」の色を出せる植物は限られています。その中で最も幅広い青色を出す「藍」は古来より様々な染めに使われてきました。

このWSでは蓼藍の生葉でシルク糸を染めながら、時間や回数によってどれだけ濃淡や色合いが変わるのか、季節の移ろいを糸に残す作業をご一緒にできたらと考えています。

また、糸の乾燥中などにはシルク糸で編む際の手加減などについて化繊との違いなどをご案内いたします。

※生葉がご用意出来ない場合、その他の染色材料となることがあります。予めご了承くださいませ。

※染めたい糸や布がお手元にあれば事前にご相談くださいませ。

※無地のシルクシフォンストールを染めてみたい方は1週間前までにお申し出ください。ご用意しておきます(1枚1500円。55×180センチ、端処理済み)

 

場 所:トルコ文化協会(天満橋から東心斎橋に移転)
    〒542-0083
    大阪市中央区東心斎橋1-13-33
    ハッピービル2階トルコ料理店RAKI 楽 内
     Tel: 06-6210-2503
   (最寄り駅:地下鉄「心斎橋駅」もしくは「長堀橋駅」徒歩5分)

詳細な行き方はこちらより

☆------------------------------------------☆
お問合せは、7月11日(水)までに お電話(06-6210-2503)、もしくはメール(mskt1215@lapis.plala.or.jp)で協会まで直接ご連絡の上、お伝えする口座まで参加費をお振込みください。

ご連絡の際、,幹望講座名 △名前 メールアドレス  当日ご連絡可能なお電話番号 をお伝えくださるとスムーズです。

☆------------------------------------------☆

★参加者様特典★

レッスン参加者様でご希望の方に、協会所属レストランにてトルコ料理ランチセットを通常850円のところ650円でご提供します!レッスン前のランチタイムに是非ご利用くださいませ。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

 

 

| ワークショップ | 20:30 | - | - |
個人レッスン〜会場について〜

先日、個人レッスンについての記事を書きました。幾つかお問い合わせがあったのですが、まずは下記のURLのご確認をお願いしています。(※2018年7月5日追記。オンライン予約ページを作りました。ご利用ください)

 

個人レッスンオンライン予約ページ

ご利用の前に

お申込みの流れ

 

その上で、会場についてもう少し詳しく書いてみますね。

会場は、原則的に生徒様の側でご用意して頂くことをお願いしています。

(こちらで幾つか提案することも可能です。お問い合わせくださいませ。ただし、会場との手続きは生徒様自身でお願いします)

 

とはいえ、安い会議室などをどう探せばいいのかしら?という方もいらっしゃると思います。

私がよく検索に使うのは、「インスタベース」様。貸会議室やレンタルスペースの検索サイトです。

よく探せば気軽な価格で使える場所も見つかりますので、もし良ければ…。

 

その他、カフェスペースなどを時間貸ししているところもあるので、検索時に「カフェ+レンタルスペース+(ご都合のよい地域)」というキーワードを入れると良いかもしれません。

 

※ちなみに、先日使用した新大阪の会議室は「フレッシュイン新大阪」様です(お世話になりました!)。

 

また、すでに面識のある生徒様の場合(目安として最低3度ほど)ご自宅へ伺うことも可能です。

もしくは、面識のある生徒様の場合は当方の自宅アトリエで開催することもご相談に応じます(大阪市内から南へ約1時間、往復1,500円ほどの場所となります。かなり田舎です…)。

 

当方、田舎住まいのためどうしても交通費のご負担を考えると申し訳ないのですが…

例えば、他のレッスンの行き帰りに立ち寄れる場所でしたら交通費は差額だけで大丈夫な場合もありますので、スケジュールを確認していただけると良いかとも存じます。

その他、何かご不明な点などありましたらお問い合わせくださいませ。よろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

 

| ワークショップ | 15:31 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
qrcode
<< | 2/125PAGES | >>
このページの先頭へ