making of salla

* トルコの伝統レース「オヤ」との日々 *
<< お知らせ(NHK梅田教室) | main | マルイファミリー国分寺店。 >>
アルメニアで出版されたアルメニアンレースの本

※ 2017年冬の講座情報一覧はこちら

昨秋から個人的にずっと忙しく関わっていたことが少し落ち着いてきました。

そんな中、昨年末に届いていてずっとご紹介したかったのがこちらの本。

・・・タイトルが読めないのですが(笑) そのままGoogle翻訳に突っ込むと英訳では『The embroidery lace.master classes』とあります。

 

アルメニアで出版されたアルメニアンレースの本です。

アルメニアンレースは、トルコのイーネオヤと起源を同じくしており技法もほぼ同じ、縫い針と糸で作る結びのレースです。

英語圏では今までアルメニアンレースの本は幾つか出版されてきました(何故英語圏で出版されているのかというと、アルメニア人の悲しい歴史が関係していると推測します)。

 

ではアルメニア本国では何か出版されてるのか?というと、存在はしているようですが言語の壁に阻まれて私には見つけられず・・・しかしそれでも情報を求めてネットを深く潜っていたら出てきたのがこちらです。

とても新しい本で、昨年(2016年)に出版されたばかり。

欲しい!と前のめりになって、どうにかこうにか取り寄せたのでした。

内容はというと、表紙からの想像で白糸のドイリー(イーネオヤでいうダンテル)的なものが主なのではと当初は思っていました。

もちろんそれも掲載されているものの、この写真のように所謂私たちがイメージするオヤのような立体のお花があったり、ユーモラスな鶏のモチーフがあったり、かと思えば現代的でお洒落なアクセサリー作品も載っていたり・・・非常に多彩。

今まで読んだことのある英語圏のアルメニアンレースの本は、ほぼダンテル的なものばかりでしたので驚きました。

言語がアルメニア語でなければ、トルコで出版された新しいオヤの本ですと言われても区別はつかなかったかも知れません。

 

ただ、トルコの本と比べると全体的なデザインセンスが洗練されていて、非常に美しく鮮明な写真で手順や作品が掲載されています(ただし、編み図はありません)。また、古いアンティークと思しき作品の解説などはアルメニア語が読めないのがこれほど残念とは、と心底思いました。

(手順自体はオヤ経験者の方ならある程度想像はつく内容だと思います)

 

このように薄れゆく伝統手芸が書籍の形で残されて、こんなに遠い国にいる人間が手に取ることもあるということ、そしてさらに何十年後になっても読み継がれていくだろうということ。伝え残すことについて改めて考えるきっかけとなりました。

(その流れで言及しますと、最近出版された『世界手芸紀行』(日本ヴォーグ社)についても素晴らしいといえます。こちらに関してはまた後日・・・)

 

(※こちらのアルメニアンレースの本、少しだけ手元にあるのでお分けすることが出来ます。お問い合わせくださいませ※残部無。ありがとうございました)

-------------------------------------

※現在、大阪・神戸の各カルチャーセンターにてトルコの伝統手芸「イーネオヤ」の教室を開講中です。

※ 2017年冬の講座情報一覧はこちら

 

 

| イーネダンテル iğne danteli | 23:18 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
qrcode
このページの先頭へ