making of salla

* トルコの伝統レース「オヤ」との日々 *
蓼藍の新芽で染色。

プランターで育てている蓼藍の新芽を間引きました。せっかく頑張って芽を出し葉を作ってくれたのをそのまま捨てるのも忍びなく…これだけでも染められるのではと思い立ち、早速ボウルに入れて洗ってみたり。

ハンドミキサーで水と一緒に粉々に砕いたものを濾して出来た染液は、青汁のような緑色。その染液の中にシルク糸をそっと浸してみました。

いつもなら(育った葉で染める時は)浸している最中から酸化してだんだんと青くなっていくのですが、新芽の染液ではこんなにフレッシュなライムグリーンのまま。とても綺麗な色で、このままを保ってくれたら嬉しいなぁと思いつつ…果たしてこのままなのか?

乾かして数時間経ったところ。少し青みがかってきました。とはいえまだまだ緑色。

翌日。かなり青みがかってきました。

十分に乾いたし、このあたりで色は留まるのかな?と思っていましたら…

こちらは3日後の様子。通常の育った葉で染めた時とほぼ同じくらいの青さに。

これはこれで美しいのですけれど、染液に浸したばかりのあのライムグリーンを見てしまうとちょっと惜しいなぁという気持ちになってしまいますね。

ここで何か、黄色に染まる液に浸せば多少は緑色になるのでしょうけれど、ひとまずは実験終了。

 

プランターの蓼藍はすくすくと育っているところです。

7月か8月には染色のワークショップも可能になるでしょう。蓼藍は火も要らないし媒染もしなくてよいのでとても手軽に染色に挑戦できる良い素材。

生葉染めが出来る時期は限られているので、それに合わせて準備をしていけたらと思っています。

 

そうそう、今、自宅1階の使っていなかった部屋を片付けたりカーテンを付け替えたりしています。今までは3階の作業部屋でレッスンをすることもあったのですが、庭の見える1階の部屋の方がずっと勝手も良いのでは…と思って改装中。

とはいえかなりの田舎ですので、実際は作業部屋がもう一つ増えるだけになりそうなのですが(笑)。

例えば、庭に植えている植物を採取して糸を染めることも可能なので(実は今、紅花も育てています)、ちょっと素敵かな〜と思ってるところです。ご興味のある方は遊びにいらしてくださいませ。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

 

| 染色 | 21:20 | - | - |
蓼藍の種から芽吹きました

蓼藍の種を蒔いてから10日、ようやく芽吹いてきました。

通常は7〜10日ということなので、ようやくというより丁度というべきでしょうか。

 

昨年の秋に花を咲かせて種が出来た蓼藍から採集した種なので、発芽率が気になって沢山蒔いてしまったのですが…ご覧のように密集して芽吹いています。ちょっと間引かないといけないかも知れません。

蓼藍はわりと強い植物ですし、あとは水やりを忘れなければ多分すくすくと育ってくれると思います。

もう少し大きくなってきたら、庭の空いてるスペースを耕してそちらに地植えにして移そうかしらとも。

 

早ければ7月には染めに使うことも出来そう。楽しみです。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

 

| 染色 | 09:59 | - | - |
蓼藍の種蒔き

2018年春の講座情報はこちらです。

今年もまた蓼藍の種を蒔きました。写真は、ガーデニング好きの家族からレクチャーを受けながらプランターに土を数種類入れている図。

種は昨年栽培した蓼藍から10月ごろに採取したもの。今年もちゃんと芽吹きますように…

 

昨年は確かゴールデンウィーク後も過ぎて6月にかかりそうな頃に種を蒔いた記憶があります。通常の種蒔き時期より少し遅かったので心配していましたが、問題なく育ってくれました。蓼藍はわりと丈夫で水やりさえ忘れなければすくすくと育つ印象。

今年は種蒔き時期としてもちょうどの時期なので、昨年より早めに生葉が取れるのではと期待を寄せつつ…

 

染めるのも特に熱源もいらず簡単ですし、ちゃんと葉が育ってくれたら生葉染めのワークショップをしてみたいとも思っています。

おまけ。庭に咲いた乙女椿。真ん丸で可愛いです。

花弁でも染められるかな。アントシアニン系なのでくっきりと染めるのは難しいかしら…などと思いつつ、ひとまず花弁を拾って冷凍しておくことにしましょう。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々

| 染色 | 17:10 | - | - |
今年最初の桜染め。

2018年春の講座情報はこちらです。

今年最初の、そして人生初の桜染めに挑戦しました。

剪定されて要らなくなった桜の枝をもらってきて…まだ固いですが蕾も少しだけついています。

昔、国語の教科書で志村ふくみさんの文章を読んで憧れた方も多いのではないでしょうか。私もその一人です。

樹皮を削ります。

鉛筆削りの要領で最初やっていたのですが、細めの枝だとゴボウのささがきの要領の方が早くて力も要らないと判明。それでも手がガサガサになるので次回からは軍手着用必須。

これを煮出す訳ですが、一番煎じは黄色味が出やすいので(オレンジぽくなるので)別に置いておいて二番煎以降の染液を使います。媒染は灰汁を。

三番煎じくらいの染液で染めました。

ミョウバンで媒染すると黄色が強くなりがちですが、灰汁は赤みが増すような・・・?(ただ、色も全体的に薄くなります。これは糸にもよるかもしれません)

 

実物はこの写真よりはもう少しピンクがかってるのですが、それでもまだ薄め。

蕾が膨らんで花が咲く直前の枝が良いそうなので、もう少し待ってみた方がいいのかも知れません。うちの庭の桜はもう剪定してしまったのですが、家族から少しだけなら取ってOKと許可をもらったのでタイミングをはかってるところです。濃い目のピンクの八重桜からなら、もう少し色が出るかしらと。

 

 

大阪府南部ののどかな片田舎に住んでいるのですが、自然を身近に感じられる環境だからこそ出来ることもあって有難いなと思います。

とはいえやはり田舎住まい故の不便さはそのままですので、やりたくても出来ないこともあり難しいなぁと思うことも。それもこれも全てインシャラー、神様の御心のままに、でしょうか…。ご縁があればいずれ、と思いながら春を待つのでした。

 

| 染色 | 00:12 | - | - |
藍の生葉染め・その2〜ザクロの皮で緑色を〜

※ 2017年秋の講座情報一覧はこちら

念願の鮮やかな青が藍の生葉染めによって出来たということは、緑色も出来るのでは?と実験。

ご覧の様な発色の良い緑に…。植物染めで1つの植物から染める場合は通常ごく薄い黄緑色くらいしか出ないので本当に嬉しくて飛び跳ねそうです。これでイーネオヤで縁かがりや葉っぱを作れそう。

 

さて、この緑色は藍で染めて青くした糸を黄色くなる染料につけて重ね染めをして出しています。

その黄色の染料の一つがザクロの皮。

こちら。

赤いザクロの皮を煎じると赤くなるのでは?と思うのですが実際はかなり濃い黄色〜黄土色になります(最初は驚きました!)

古くは絨緞用のウール糸の染めにもよく使われているそうで…というかトルコだけでなく中東〜インドなどでもポピュラーに使われる染料とのこと。

こういうことって知識として知っていても、実際に皮を水に浸して煮出して黄色くなって…という過程を体感しないと記憶に残らないものなのだな…とつくづく思います。体を動かして初めて実感として分かる、というか。

 

ちなみにこのザクロの皮は、トルコ渡航時にアンタルヤの街角に秋になると出るザクロジュース売りのスタンドのおじさまから、廃棄するならもらえるかしら?とお願いして頂いたもの、をアパートのバルコニーで新聞紙を広げて乾燥させました。

 

(でも小心者なので最初数回はザクロジュースも頼んでました…旬のジュースは甘酸っぱくてとっても美味しい。ザクロの果汁からも薄くグレー〜水色に染まるので、途中からは飲まずに持ち帰っておりましたが…)

ザクロはスーパーやパザール(市場)でもすごく安く売ってます(幾らだったか失念…安かったという印象のみ…※調べました。1個1リラ、当時のレートで約40〜50円…安い!)

これらは2015年11月3日に近所のパザールで撮影した写真。

輝くように美しいルビー色。

たまにパザールなどではこんな黄色いザクロ(果実は薄い赤)も売ってました。

この皮を煎じても黄色くなったのかしら?試せばよかったです。

 

パザールやスーパーでザクロを買ってキッチンで解体もしていたのですが、その方が綺麗に皮と果実を分けて保存できるものの果汁を取る過程であちこちに真っ赤な果汁が飛び散ってちょっとしたスプラッタ劇が繰り広げられてしまい、お掃除が大変だった思い出…。

さすがにめげたので途中からはジューススタンドのおじさま頼りになりました。アンタルヤ在住の日本人の友達からも差し入れで皮だけもらったりも(笑)。

 

この弾けんばかりのザクロからあの生き生きとした濃い黄色が出るのか…と思うと、その隠された力の強さに打ちのめされるような、畏敬の念さえ抱くような、染めるたびに新鮮な驚きにおそわれます。

 

 

ちなみに今回は藍で先に染めてザクロの皮が後でしたが(青色+黄色=緑)、その反対の順番でする場合(黄色+青色=緑)もあるようです。

この時の藍の染液は他の糸を染めた後で時間が経ってちょっとくすんでるので、緑もちょっとくすみがちに…。けれども、染液を作ったばかりならもっと彩度が高めになります。さらに黄色の染料もザクロの皮でなくてもっと明るい黄色になるものを使えばもっともっと明るい緑も出来上がることになります(こちらに関してはまた次のエントリで…)。

 

------------------------------------------------

現在、秋からの講座の募集中です。詳しくは下記の記事をご参照くださいませ。

※ 2017年秋の講座情報一覧はこちら

------------------------------------------------

| 染色 | 04:17 | - | - |
藍の生葉染め・その1

※ 2017年秋の講座情報一覧はこちら

庭のプランターで育てている蓼藍(たであい)がすくすくと育ってきています。

そろそろ染めに使えるかも?と育ち過ぎた分だけ刈り取ってみました。

ブレンダーに葉と水を入れて細かくします。

キッチン用ネットを二重にして中身を濾します。

お抹茶のような濃い緑色になりました。

ブルサ産のシルク糸をぽちゃりと入れます(ピンボケ失礼)

お試しなのでほんの少し。この時は濃い緑色。

生葉染めは手早くしないと色がグレーっぽくなるそうなのでここは時間をかけずにさっと。

引き上げて水で洗っている間に酸化して青くなってきます。これはオデミシュ産の精錬前のシルク糸。

(ここでオキシドールを入れた水につける過程もあります)

風通しの良いところで乾かしていると、さらに緑色が抜けて…こんなにも鮮やかな青色が出ました。

思っていた以上にしっかり染まって驚きます。

生葉でも(藍立てをしなくても)これほど綺麗に青が出るとは。植物そのものに宿る生命力・力強さを感じます。

 

(ちなみに奥の方の薄い色は、手前の3つを染めて残っている液で染めたもの。なるほど、やはりグレーがかるのですね。でもこれはこれで美しく好みです)

 

| 染色 | 21:24 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
qrcode
| 1/1PAGES |
このページの先頭へ