making of salla

* トルコの伝統レース「オヤ」との日々 *
3/26の上賀茂神社手づくり市

※ 2017年春の講座情報一覧はこちら

昨日、3/26(日)、とても久しぶりに上賀茂神社手づくり市へ参加してきました!

直前まで忙しくかつ体調が優れなかったことで出席を迷っていたこともあり、事前にアナウンスできず申し訳ありません。

あいにくの雨で早めの撤収となってしまいましたが、そんな中お立ち寄りくださった皆様ありがとうございました。

 

今回はトルコ手芸ということでか海外経験のある方が多くいらっしゃった印象で、トルコへ行ったことのある方、アルメニアやグルジアへ行ったことのある方、ドイツ留学経験があってムスリム女性の友達がいる方…etc、etc。

海外あるあるなお話なども出来て、会話がとても楽しいイベントでもありました。

 

3年前にMevsimさんと一緒に出ていた頃と比較しますと、「オヤ?あぁ聞いたことがあるわ!」という方が随分増えたように思いましたが、やはり「初めて知った!」「タティングとは違うの?」と仰る方もまだまだ多く、知名度を上げるのは一朝一夕にはいかないのだなぁと感じたり…

ただ、以前参加していた時に私たちを上賀茂さんで見かけたという方が、今、カルチャーセンターさんに習いに来てくださるようになっていて(これを知った時とても嬉しかったです!)、まずは人前に出て認識してもらう、ということもとても大事だと改めて思いました。

 

また今回は、机にダンテルの作品なども数点展示しておりまして、カラフルなお花というイメージだけでないオヤの世界も知っていただけたなら…という思いです。

 

やはり、教室での講師活動やネットでのやり取りだけでは分からない現場感覚はあると感じましたし、初心に戻るという意味で本当に良い刺激となりました。

改めまして、お世話になった運営スタッフの皆様、お立ち寄り下さった皆様、ありがとうございました!

 

※次回参加は検討中です。また決まり次第情報をアップ予定です。

 

| イベント情報 | 17:30 | - | - |
2017年春のイーネオヤ教室情報一覧(大阪・神戸)

2017年4月からのイーネオヤ教室の情報をまとめてみました。各記事へのリンクが貼られています。

 

【定期講座】

NHK文化センター梅田教室様
 (4/27(木)〜 毎月第4木曜日 13:30〜16:00)
  ※お申込みはこちらより

 

NHK文化センター神戸教室様
 (4/4(火)〜※以降、毎月第1火曜日 13:00〜15:00)
  ※お申込みはこちらより

 

イオンカルチャークラブ 北千里店&日根野様
  
北千里店(4/15(土)〜 毎月第3土曜日 15:00〜17:00)
  日根野店(4/26(水)〜 毎月第4水曜日 13:00〜15:00)

  ※体験レッスン随時受付中

 

・トルコ文化協会様
  イーネオヤ初級講座機毎月第4金曜日 10:30〜12:30
  イーネダンテル講座 機Ν供毎月第4金曜日  13:00〜15:00

  (※4月のみ第3金曜日(21日)開催)
  ※お申込みはこちらより

---------------------------------------

※この他、ご要望に応じて個人レッスンも行っております。
 詳細はsalla0317osakajapan@gmail.comまでお願いします。

 

 

| ワークショップ | 00:36 | - | - |
トルコ文化協会『イーネオヤ初級講座機

トルコ文化協会さまでの春のイーネオヤ講座のご案内です。

--------------------------------------------------------
『イーネオヤ初級講座機

日 程:4月21日(金)より毎月第4金曜日
   (※4月のみ4/21開催)
    5回1クール。
時 間:10:30〜12:30
講座料:3,600円(教材費別・チャイ付)
    (初回教材費:¥1,000〜1,500)
    (※一括前払いの場合¥16,000)
人 数:6名さままで
対 象:イーネオヤに初めて挑戦される方、基礎から学び直したい方
持ち物:糸切ハサミ、筆記用具、シニアグラス(適宜)
--------------------------------------------------------

レッスン進行予定:

  (※進度やご希望に応じて調整いたします)

  初 回:ナザールボンジュウのコースター(基本の三角)
  第2回:ナザールボンジュウのコースター(ループ、増やし目)
  第3回:小さなピンブローチ(増やし目、ブリッジ)
      イズニック地方の平面モチーフ2〜3種
  第4回:春の花のピアス(ウサギの耳、ループのバリエーション)
      イズニック地方の平面モチーフ
  第5回:これまでの復習および立体の花の導入(筒編み)

 

詳細な編み図と写真を掲載したテキストとレシピをもとに、イーネオヤの基礎から立体の花の仕組みまでを丁寧にご案内し、様々な伝統モチーフのバリエーションを通じてイーネオヤ特有のスタイルへの理解を深めます。

 

また、毎回レッスンに関連するオヤスカーフやモチーフや現地で自ら撮影した写真などを持参いたします。

それらをご説明しながらトルコ現地の空気や、テクニックに限らないイーネオヤに関する背景を少しでもお伝えすることができたらと考えています。

 

こちらのレッスンではトルコのお茶・チャイもお付けしています。トルコ雑貨に飾られた空間で、チャイを飲みながらトルコについてご一緒に思いを馳せませんか?

お申込みお待ちしています!

----------------------------------

場 所:トルコ文化協会(天満橋から東心斎橋に移転)
    〒542-0083
    大阪市中央区東心斎橋1-13-33
    ハッピービル2階トルコ料理店SA〜Ki内
     Tel: 06-6210-2503
   (最寄り駅:地下鉄「心斎橋」もしくは「長堀橋」駅より徒歩5分)




☆------------------------------------------☆
お問合せは、お電話(06-6210-2503)、もしくはメール(mskt1215@lapis.plala.or.jp)で協会までご連絡ください。
(※適宜体験レッスンも実施しております。まずはお問い合わせくださいませ)


講師に何かご質問がありましたら、こちらまでお願いします。
salla0317osakajapan@gmail.com

 

※今春からトルコ文化協会ではご受講に際して幾つか規定などを設けさせていただきました。一般的なカルチャーセンターと同様のものですが、円滑なレッスン運営の為になにとぞご協力お願いいたします。

☆------------------------------------------☆

| ワークショップ | 00:00 | - | - |
マルイ川崎店にて。

3/20(祝)から4/2(日)までマルイ川崎店さまの2階催事場「ギャッベと手仕事ZAKKA」にて、アトリエSalla製作のイーネオヤアクセサリーを置かせていただいております。

今回もCarre by Chouetteさまのご厚意でありがたく思っております。

 

お近くにいらっしゃる方など、もしよろしければ是非お立ち寄りくださいますと幸いです。

(私本人はおりませんが、素敵な店主さまがお迎えしてくださいます!)

 

| イベント情報 | 23:06 | - | - |
ポーラ美術館〜トルクメンの装身具展

先週末まで箱根のポーラ美術館で開催されていた「トルクメンの装身具」展に行ってきました。

写真OKでしたので、ミラーレス一眼を持参してパシャパシャと。

しかし腕がないのでiPhoneで撮った方がよほど綺麗になるという・・

女性用の護符入れ。

筒のところにコーランの一説などを入れます。

見覚えがあるなと思ったら、アンタルヤのミフリさんのお店の棚に置かれていて、毎日よく目にしてたものと同じ系統。この説明もしていただいた記憶がよみがえりました。

これの他にも装身具など見覚えのあるものが多数で、知らぬ間に目を肥えさせていただいていたことを実感しました。

漫画『乙嫁語り』の最新刊の帯を受付で提示すると、こういうリーフレット(カタログ)がもらえます。

大阪から箱根まで持参しましたとも、ええ。

展示内容がコンパクトにまとまっていて文章もあり、とってもありがたかったです。

| カテゴリ未分類 | 00:00 | - | - |
『世界手芸紀行』

最近、レッスンに持参している本。

先月発売された『世界手芸紀行』(日本ヴォーグ社)です。実はイーネオヤのセクションに少しだけ写真で顔出しさせて頂いてます。

 

トルコで私がとてもお世話になった野中幾美さんのインタビューページが掲載されているのですが、その中のオヤを巡る旅について言及されている場所です。

野中さんには実に様々な場所に連れて行っていただきまして、その中でも2015年9月にイズニックの村へ訪れた時の写真が掲載されてたりします。

 

先日もトルコ文化協会さんでのレッスンへ持って行ったのですが、協会の会長さんへその写真をお見せしたら「シャルワル履いてるんだね」と、ふっと笑われました(笑)。(※シャルワル:トルコのおばちゃんたちがよく履いている小花柄のモンペ)

現地の女性たちと同じ格好をして同じものを食べ、そして一緒に道端でオヤを編む体験、忘れられません。

 

こんな風に道を歩けばオヤを編む女性たちがいる風景は、しかし他の地域ではほとんどなくなりつつあります。

この村も過疎化で人が少なくなっていき、私がお世話になったご家族ももっと便利な場所へ引っ越すというお話も聞いています。

 

あの風景が見られるうちにもう一度行けたら・・・私が無理でも、他の行きたいという方が行ってその様子を伝えていただけたら・・・と願う日々です。

(※そんな、オヤ旅のツアーについてや現地の様子を知るイベントが今年も東京で開催されます。詳しくは野中幾美さんのブログなどをご参照くださいませ)

 

| イーネオヤ İğne oyası | 16:22 | - | - |
トルコ文化協会さまへの行き方

大阪の心斎橋にあるトルコ文化協会さまでは、初心者さま向けの体験レッスンも随時開催しております。

こちらの協会ですが、初めて行くときに道が分かりにくいという方もいらっしゃるようですので、少しだけ道案内を・・・。

 

1. 地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅と、堺筋線(長堀橋線)「長堀橋」駅との間にある、地下街「クリスタ長堀」へ下ります。

2. クリスタ長堀の中のまねきゃっと広場近く、ネイルサロン「ネイルズユニーク」の隣にある「南5番出口」のエレベーターに乗って地上に出ます。(クリスタ長堀のフロアガイドはこちら

3. 地上に出たら、大通りを背にして、南方向へ2ブロック歩きます。

4. 右手の角に、フランス料理屋さんが見えます。その建物の2階がトルコ文化協会さまです(トルコ料理レストランもされています)。建物の壁に白い看板もあります。

5. フランス料理屋さんの右手に2階へと昇る階段がありますので、そちらからお入りください。

 

※もし途中で迷われた場合や不安な場合は、お気軽に協会までお電話くださいませ(06-6210-2503)。お迎えに参ります。

----------------------------------

こちらが地図になります。

場 所:トルコ文化協会(天満橋から東心斎橋に移転)
    〒542-0083
    大阪市中央区東心斎橋1-13-33
    ハッピービル2階トルコ料理店SA〜Ki内
     Tel: 06-6210-2503
   (最寄り駅:地下鉄「心斎橋」もしくは「長堀橋」駅より徒歩5分)
| ワークショップ | 17:53 | - | - |
【お申込開始】2017年春の講座情報【NHK文化センター神戸・梅田教室】

本日よりNHK文化センター梅田教室&神戸教室さまの春からの講座、お申込みが始まっております。

よろしくお願いします!

--------------------------------

NHK文化センター 梅田教室
日 程:4/27(木)〜※毎月第4木曜日
時 間:14:00〜16:00
場 所:NHK文化センター 梅田教室
    (JR大阪駅、各線梅田駅よりすぐ。
    梅田阪急ビルオフィスタワー17階 )
    TEL:06-6367-0880

お申込み&詳細:こちらよりお願いします。

--------------------------------

『トルコの伝統手芸 イーネオヤ』
NHK文化センター 神戸教室

日 程:4/4(火)〜※毎月第1火曜日
時 間:13:00〜15:00
場 所:NHK文化センター 神戸教室
    (JR神戸駅前すぐ、阪急・阪神・山陽 高速神戸駅から徒歩4分)
    TEL:078-360-6198

お申込み&詳細:こちらよりお願いします。

--------------------------------

 

| イーネオヤ İğne oyası | 22:13 | - | - |
マルイファミリー国分寺店。

本日2/13(月)から2/26(日)までマルイファミリー国分寺店さまの2階催事場「ギャッベと手仕事ZAKKA」にて、アトリエSalla製作のイーネオヤアクセサリーを置かせていただいております。

今回もCarre by Chouetteさまのご厚意でありがたく思っております。

 

お近くの方、よろしければ是非お立ち寄りくださいますと幸いです。

(私本人はおりませんが、素敵な店主さまがお迎えしてくださいます!)

 

 

| イベント情報 | 15:15 | - | - |
アルメニアで出版されたアルメニアンレースの本

※ 2017年冬の講座情報一覧はこちら

昨秋から個人的にずっと忙しく関わっていたことが少し落ち着いてきました。

そんな中、昨年末に届いていてずっとご紹介したかったのがこちらの本。

・・・タイトルが読めないのですが(笑) そのままGoogle翻訳に突っ込むと英訳では『The embroidery lace.master classes』とあります。

 

アルメニアで出版されたアルメニアンレースの本です。

アルメニアンレースは、トルコのイーネオヤと起源を同じくしており技法もほぼ同じ、縫い針と糸で作る結びのレースです。

英語圏では今までアルメニアンレースの本は幾つか出版されてきました(何故英語圏で出版されているのかというと、アルメニア人の悲しい歴史が関係していると推測します)。

 

ではアルメニア本国では何か出版されてるのか?というと、存在はしているようですが言語の壁に阻まれて私には見つけられず・・・しかしそれでも情報を求めてネットを深く潜っていたら出てきたのがこちらです。

とても新しい本で、昨年(2016年)に出版されたばかり。

欲しい!と前のめりになって、どうにかこうにか取り寄せたのでした。

内容はというと、表紙からの想像で白糸のドイリー(イーネオヤでいうダンテル)的なものが主なのではと当初は思っていました。

もちろんそれも掲載されているものの、この写真のように所謂私たちがイメージするオヤのような立体のお花があったり、ユーモラスな鶏のモチーフがあったり、かと思えば現代的でお洒落なアクセサリー作品も載っていたり・・・非常に多彩。

今まで読んだことのある英語圏のアルメニアンレースの本は、ほぼダンテル的なものばかりでしたので驚きました。

言語がアルメニア語でなければ、トルコで出版された新しいオヤの本ですと言われても区別はつかなかったかも知れません。

 

ただ、トルコの本と比べると全体的なデザインセンスが洗練されていて、非常に美しく鮮明な写真で手順や作品が掲載されています(ただし、編み図はありません)。また、古いアンティークと思しき作品の解説などはアルメニア語が読めないのがこれほど残念とは、と心底思いました。

(手順自体はオヤ経験者の方ならある程度想像はつく内容だと思います)

 

このように薄れゆく伝統手芸が書籍の形で残されて、こんなに遠い国にいる人間が手に取ることもあるということ、そしてさらに何十年後になっても読み継がれていくだろうということ。伝え残すことについて改めて考えるきっかけとなりました。

(その流れで言及しますと、最近出版された『世界手芸紀行』(日本ヴォーグ社)についても素晴らしいといえます。こちらに関してはまた後日・・・)

 

(※こちらのアルメニアンレースの本、少しだけ手元にあるのでお分けすることが出来ます。お問い合わせくださいませ※残部無。ありがとうございました)

-------------------------------------

※現在、大阪・神戸の各カルチャーセンターにてトルコの伝統手芸「イーネオヤ」の教室を開講中です。

※ 2017年冬の講座情報一覧はこちら

 

 

| イーネダンテル iğne danteli | 23:18 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
qrcode
| 1/115PAGES | >>
このページの先頭へ